子どもの教育に対する考え方

子どもの教育に関して、三つ子の魂百までということわざがあります。

子どもの教育に対する考え方

子どもの教育に対する考え方 子どもの教育に関して、三つ子の魂百までということわざがあります。三つ子の魂百までとは、幼い頃の性格は年をとっても変わらないという意味をさしています。生まれてから物ごころがつくまでの間に対してで、理解出来ているかといえば大人の目線でははっきりとは分からない部分です。しかし、その間を大切にしていくことで、心の成長などに大きく関わってくると言われています。教育とは成長していくことで、心を育てていくことが重要だと考えます。

本の読み聞かせや、歌を聞かせたり歌ってあげたりと、大人が何かしてあげるということも大切です。ただ、それだけでなく、子どもの好きなことを自由にさせてあげ、好奇心を伸ばしていくこと、大人が何にでも手を貸すのではなく、子どもが自分自身で時間がかかっても納得がいくようにさせてあげることも大切なことです。その為にも、大人も気持ちの余裕を持って接していきたいところです。手元だけでなく、一呼吸おいて一生懸命な姿を見て成長を実感することで少し気持ちにゆとりを持てるでしょう。教育の要である成長という部分に、積極的に関わっていきましょう。